>

女子旅は島根の宿

出雲大社近辺には女性同士のお客様におすすめしたい温泉がたくさんあります。中でも日本有数の名湯として人気の玉造温泉はぜひ訪れたい場所です。

パワースポットの近くの宿

島根県にある出雲大社はパワースポットとして近年話題になっています。良縁祈願として女性同士で参拝する方が年々増えています。10月は神無月と言いますが、出雲では神有月と呼ばれています。が日本全国の寺社の神様出雲に集まると言われているからです。10月の出雲は特にパワーがありそうですが、せっかく遠方から島根県に訪れるのなら評判の良い宿に泊まって日頃の疲れを癒しましょう。出雲大社近辺には女性同士のお客様におすすめしたい温泉がたくさんあります。島根にある温泉は日本三大美人の湯とも言われているほど、美肌効果があります。お肌もすべすべになり、良縁祈願により一層の効果をもたらしてくれるのではないでしょうか。男女の縁だけではなく、その他の色々な縁を結んでくれることでも名高いので、仕事の縁や人間関係での縁など悩んでいる方もリフレッシュしに行くのもいいかもしれませんね。自分が前進できるように神様が縁を取り持って、背中を押すサポートをしてくれます。

出雲そばを堪能

出雲大社の人気グルメとして有名なのが出雲そばです。出雲そばは粉の選別せず、殻のついたそばの実をそのまま製粉します。そのため、色は黒っぽいですが香り良く独特の食感があるそばです。出雲そばをお店で食べる時は赤くて丸い容器が重なった割子そばが一般的です。割子そばの食べ方は薬味(ねぎ、かつおぶし、のりなど)を一番上の段のそばにのせ、徳利に入ったそばつゆをかけます。かきまぜてそばを食べたら、残ったつゆは二段目へ移します。そこへ薬味とつゆを更に足して食べるのが上手な食べ方です。ぜひ挑戦してみましょう。江戸時代、出雲地方の松江では野外で蕎麦を食べるために、お弁当のように重箱にそばを入れて持ち運びしていました。その際、四角形だと隅が洗いににくく、衛生上よくないということから、今のような丸い形になっているそうです。そして食べる直前に、器に中にそばつゆを直接かけて食べていたことから、今ある独特の形の丸の形になっています。