>

出雲大社付近の旅館で食事

出雲大社は、たくさんの神話が残っている神社で、近年パワースポットとしても大変注目されている観光地です。 一度は訪れてみたい場所としての人気も高く、日本国内や海外からも、毎年たくさんの人が訪れています。

おいしいおすすめ旅館

出雲大社は、たくさんの神話が残っている神社で、近年パワースポットとしても大変注目されている観光地です。 伊勢神宮とともに、一度は訪れてみたい場所としての人気も高く、日本国内や海外からも、毎年たくさんの人が訪れています。 出雲大社への旅行の時には、出雲と松江の両方を観光する人が多く、出雲空港近くの湯本湯の川が、両方の観光地へのアクセスが大変よく、日本三美人の湯としても有名なので人気があります。 また、湯本湯の川は、食事がおいしい旅館としても有名で、日本海や宍道湖の新鮮な魚介類や島根和牛などを贅沢に食べることができるので、おすすめです。 海の幸やお肉などもおいしいのですが、旅館の名物として愛されている昔ながらの卵焼きは、ふっくらとしていて絶品で、卵焼きを目当てに旅館に泊まる人もいるほどです。 美味しい食事と美人の湯、出雲大社へのアクセスの良さが、湯本湯の川をおすすめする理由です。

味わえる季節の食事

神々のふるさと、出雲大社のある出雲地方は、日本海、中海、宍道湖と海水濃度の違う漁場に恵まれた所です。また、米どころでもあり、日本酒も美味しいです。砂丘で育つデラウェアや、柿やいちじくの栽培も盛ん。しまね和牛は、全国的に認められた美味しさです。さらに出雲そば、出雲茶、松江の和菓子等、旅人も神様も喜びそうな御馳走がたくさん待っています。 春は新茶の季節。島根銘茶は甘みが深く、三番煎じでも美味しくいただけるお茶です。夏は「あご」と呼ばれるトビウオが登場し、多岐のイチジクも美味しく熟します。秋は、日本の棚田100選に選ばれた仁多の新米や、地酒。また古くから雲南では日本海のサバを焼いていて、焼きサバも秋の季節の名物です。冬は宍道湖のしじみももちろん美味しいですが、小伊豆のアマダイは、身が締まっていて上品な甘み。刺身はもちろん、煮ものや焼き物にしても美味しいです。季節を問わない名物には、出雲そば、宍道湖七珍料理、しまね和牛、どじょう等まだまだたくさんあります。 出雲大社付近の名物をいろいろ食べるには、旅館の食事が一番でしょう。また、旅館の素泊まりプランを利用して、名物の専門店で食事するのも楽しいです。