>

出雲大社に観光へ行き宿泊する

出雲大社観光の際に、最適な立地の宿泊施設「湯元湯の川」の敷地内には、「八上姫神社」という神社があります。身も心も美しくなれるという神社であり、美しくなることによってより良い縁に恵まれるという神社です。

出雲大社観光で絵馬を

出雲の国といえば、古くから神の国として名を馳せてきました。この地には現在も継承されている神社が各所に存在しています。出雲大社は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をお祀りし、大国様としてもなじみがあります。日本最古の歴史書といわれる『古事記』に記されており、明治の初め頃までは杵築大社(きづきたいしゃ)との呼称でした。古事記の国護り神話によると、大国主大神が天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、造営されたのが出雲大社の始まりだとされています。 出雲大社は縁結びの神や福の神としても名高く、年間を通して参拝客が途絶えることはありません。海外からも多くの観光客が訪れるほか、最近はパワースポットとしても人気です。ツアーで申し込むと、宿泊と参拝、観光がセットになっており、バスでゆったり廻れるうえ、割安になるため人気があります。海も近く海と山、両方の幸を味わえ、日本三美人の湯として注目が集まる温泉を持つ宿泊旅館も近くにあり、繰り返し訪れる人が多いようです。

宿泊と観光がセット

出雲の国といえば、古くから神の国として名を馳せてきました。この地には現在も継承されている神社が各所に存在しています。出雲大社は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をお祀りし、大国様としてもなじみがあります。日本最古の歴史書といわれる『古事記』に記されており、明治の初め頃までは杵築大社(きづきたいしゃ)との呼称でした。古事記の国護り神話によると、大国主大神が天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、造営されたのが出雲大社の始まりだとされています。 出雲大社は縁結びの神や福の神としても名高く、年間を通して参拝客が途絶えることはありません。海外からも多くの観光客が訪れるほか、最近はパワースポットとしても人気です。ツアーで申し込むと、宿泊と参拝、観光がセットになっており、バスでゆったり廻れるうえ、割安になるため人気があります。海も近く海と山、両方の幸を味わえ、日本三美人の湯として注目が集まる温泉を持つ宿泊旅館も近くにあり、繰り返し訪れる人が多いようです。