>

出雲大社に行って宿泊先では浴衣に

人気な出雲大社を観光した後はゆっくりと温泉に浸かって、宿泊するのもご旅行の醍醐味です。ご宿泊の女性のお客様には当宿こだわりの浴衣を無料で貸出しております。浴衣を着る事で日常とは違った自分にもなれますね。

出雲大社をみて宿泊地では浴衣に

初詣の季節、出雲大社は例年、もっとも賑わう人気な神社の一つです。独特の大社造りと太いしめ縄には、まつられている大国主命(だいこくさま)が鎮座して見守ってくれていそうです。だいこくさまは「因幡の白兎」で、皮をむかれて泣いているウサギに傷を治す方法を教えてあげる優しい神様です。出雲大社は縁結びで有名ですが、恋愛成就だけでなく、ものごと全ての良縁を結ぶと言われ、「夢に近づきたい」「サッカーで優勝したい」など、自分が願うご縁を授けてくれる神様と言われています。正門前の2つ目の鳥居をくぐると、その後に続く参道が下り坂になっています。参道が下り坂になっている全国的に見ても非常に珍しいものです。せっかくいらしていただいたのでしたら入口から出口までじっくり参拝するべき観光スポットです。バスで行かれる際は「正門前」で下車してください。次にある「出雲大社」で下車してしまうと1つ目の大鳥居や神門通りを過ぎてしまう事になるので注意しましょう。電車の場合は一畑電車 出雲大社駅で下車してください。そこから徒歩5分です。車の場合は無料の駐車場をご利用くださいね。ちなみに朝6時代から入る事が出来ますので早朝の参拝が出来ます。宿泊先でゆっくりしてから計画的に行くのもいいですね。時間帯で色々な表情を見せてくれるのも楽しみの一つになるのではないでしょうか。

出雲大社の後は宿泊先で浴衣を

出雲大社を参拝した後は、ゆっくりと温泉に浸かって汗を流しゆったりと宿泊しながら出雲の空気にひたるというのもご旅行の醍醐味です。湯元湯の川は出雲市駅から電車10分の所にあり、“日本三美人の湯”として数えられています。泉質は低調性アルカリ性冷鉱泉で、保湿の高いメタケイ酸を含むお湯なんです。湯の川の湯にゆっくり浸かった後はお肌がつるつるになる!と人気があるんですよ。そして、ご宿泊の女性のお客様には当宿こだわりの浴衣を無料で貸出しております。浴衣を着る事で日常とは違った自分にもなれますし、なおさら散歩や夕食も楽しみになりますね。朝と夜、着る時間を変える事で変わりゆく景色も伴い、また違った雰囲気を纏う事が出るのではないでしょうか。ちなみに「因幡の白兎」でだいこくさまに求婚した八上姫も、この温泉に入って美しさに磨きをかけたと言われてます。旅館の目の前に八上姫神社があるので、美人神にお参りできますよ。当宿は出雲空港から車で5分なので、飛行機で来られる方の宿泊にも便利です。お帰りの際は空港までお送りいたしますのでご安心くださいね。