>

宿泊した後は名物を見に出雲大社へ

出雲大社は縁結びの神様として知られており、人気が高く観光客が後を絶ちません。旅行の最中にも素敵なご縁があるかもしれませんね。名物もありますしぜひゆっくりしていく為に宿泊もしてみてはいかがでしょうか。

出雲大社の魅力とは何か

島根県の出雲市にある出雲大社の魅力は、何といってもその歴史の古さです。出雲大社の歴史は詳しいことはわかっていませんが、古事記に出てくる大国主命が出雲大社の主祭神と言われていますのでかなり古いことがわかります。 古さ以外にもなんといっても神様が集まる神社としても魅力があります。元々は地上48メートルの高さがあったといわれており、天上の国に近い由緒正しき神社なのです。現在の建物は1744年に建造されたのですが、高さが24メートルもあります。国宝にも指定されており一度は見るべき建物なのではないでしょうか。しかもなんと10月は全国の神様が出雲大社に集まると言われているほどです。そのような事もあって、出雲大社は日本で有数の人気パワースポットと呼ばれているのです。 また、縁結びの神様としても知られており、人気が高く女性や旅行好きの観光客が後を絶ちません。もしかしたら旅行の最中にも素敵なご縁があるかもしれませんね。ぜひゆっくりしていく為に宿泊もしてみてはいかがでしょうか。

宿泊と名物についてはどうか

出雲大社は東京や大阪から行くと移動手段によっては時間がかかる事が多く、日帰りで行く人は少ないです。たいていの参拝・観光客は宿泊をします。その場合には駅前であればビジネスホテルをお考えになる方もいらっしゃると思いますが、せっかく出雲に来たということで湯の川温泉の旅館を是非宿泊先に選んで頂きたいです。ゆったりとした時間を過ごしながらこだわりの温泉、お食事で素敵な思い出の1ページを作っていただけたらと思います。 ご当地名物は、出雲そばが有名です。出雲そばの発祥は江戸時代で、松平直政が信州松本藩から松江藩に改易の際にそば打ち職人を連れてきたのが始まりと言われています。そばの実を殻ごと挽くので麺の色が比較的黒いのが特徴です。なんと三大そばの一つと言われています。そばの甘皮まで一緒に挽くので香りが高く、コシも強く、栄養価にも優れています。タンパク質やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれているので老若男女問わずおすすめです。また、食後のデザートには出雲ぜんざいをいかがでしょうか。国内で広く食べられているぜんざいの発祥地はなんとここ、出雲なのです。