出雲大社の大祭に出席するにあたって

出雲大社では縁結大祭と呼ばれる祭事があり、世の人々がさらに佳き縁を結べるようにと祝詞が奏上されます。服装はジーパン、サンダルなどは避け神様に失礼のないように神最低限失礼のない恰好を心がけるとよいでしょう。

出雲大社の大祭

島根県の出雲大社と言えば、全国的にも有名な縁結びの神様ですが、こちらでは大国主大神が祀られています。 こちらは、国宝になっており現在の御本殿は1744年に造営されてから、これまで3度の遷宮が行われてきた歴史があります。 また、出雲大社では縁結大祭と呼ばれる祭事があり、世の人々がさらに佳き縁を結べるようにと祝詞が奏上されます。 縁結びの大祭は、毎年、11月の下旬に行われています。  また、縁結びを祈願して、日本三美人の湯に入ってからお帰りになるのはいかがでしょうか。湯元湯の川は、貸切露天風呂があることや、無料色浴衣サービスなどがあることから女性やカップル、ご家族に人気な温泉宿になってます。湯元湯の川は、温泉とともに、のどかな環境、季節感満載の料理の数々でお客様に至福のひと時を味わっていただける宿になっております。皆様でリラックスして、旅をより一層素敵なものにしていただけます。是非、出雲大社への参拝を計画しておられる方は、当館にお気軽にお問い合わせください。お客様に喜んで頂ける真心こめたご対応をしてまいりますので、是非一度お立ち寄りください。

出雲大社でのマナー

出雲大社は縁結びだけだはなく、成功祈願や夫婦円満を願うことができるといわれています。出雲大社では、さまざまなイベントが開催されていますが、その中でも、神在祭の期間中に開催している縁結大祭が有名なイベントです。参加を希望する場合は、自身で申込みをします。グループの場合でも、一人ひとり申込みをする必要があるので、注意が必要になっています。服装は、そこまで気を張る必要はないですが、ジーパンやビーサンなどの服装は避けましょう。その恰好が失礼というわけではありませんが、神事においては神様に対して失礼になりますでので、最低限失礼のない恰好を心がけるとよいでしょう。届いたはがきを提出し、受付を済ませた後に、幸縁むすび祈願絵馬を頂けるので、願い事を書いておきましょう。縁結びを目的としたツアーに参加すると、効率よく回ることができるので、おすすめしています。出雲大社の縁結大祭に参加することで、気持ちが清められて積極的に自分自身から良い縁に向かうことができるので、出雲大社に行った際は是非参加してみてください。